雄勝硯生産販売協同組合は復興に向けて歩み始めています!
  • 東北工業大学による採石場調査

    さまざまなご支援をいただいております。

  • 迫力ある雄勝石の採石場

    石肌の自然模様はいつまでも見飽きることのなく優雅

  • 雄勝の玄昌石皿

    レストランや料亭で食材をより際立たせます!

  • 雄勝のスレート

    東京駅など、さまざまな所で使われています。


 

ご支援ありがとうございます。sawamura.gif

 この度の東日本大震災により雄勝硯生産販売協同組合では甚大な被害を受けましたが、全国の皆様から心温まるご支援いただき感激でいっぱいです。本当にありがとうございます。組合員を代表いたしまして心から感謝申し上げます。
 雄勝町中心部はすべて消滅しました。当組合においても組合員や従事者4名が犠牲となり、また、組合員の各工房や中核施設であった雄勝硯伝統産業会館や販売施設のインフォメーションセンターなど全てが失われました。
 しかしながら現在、当組合では何としても硯など雄勝石に関わる産業復興をしなければならないと再起を志し各種活動を行っているところです。
 国や県、市などの行政や関係機関、また多くの皆様のご支援によりまして徐々にではありますが、復旧・復興に向けて歩み始めております。
 平成24年度には、公益財団法人 東北活性化研究センターの支援により、「雄勝石に関わる復興ビジョン検討委員会」を立ち上げ、雄勝復興の為のアクションプランづくりを行っております。
 雄勝硯の復興は、現地のコミュニティの復興のみならず、支援をいただいた皆様への恩返しのためにも、必ず成し遂げなくてはならないと考えております。
 今後ともご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

雄勝硯生産販売協同組合  理事長 澤村文雄